1、オーディオの趣味

2)オーディオ工作
C作品集
b)パワーアンプ 

 I−A)6GB8(UL)プッシュプルステレオパワーアンプ改−暫定版
《解説》
 アンプの改造が出来上がったのでデータの暫定公開をします。
 30年振りに大幅改造を行いました。改造と云うより回路部分は新規設計です。
 信号増幅部は直線性の改善の為、差動2段+カソードフォロア+カソードNFBになりました。以前のリークムラード回路では定電圧安定回路と組み合わせると音が前に出過ぎると言う指摘が仲間内のベテランの方から有りました。
 最近採用している定電圧安定化回路は性能もアップしたのですがよりその傾向が強く成った様に思っていましたので今回は大人しい音の差動2段回路を採用しました。目論見は大体当たった様に考えています。

 始めに1号機を作り破壊試験も含めて実験を行い問題点を掴めたので次に2号機に反映させました。写真のアンプは1号機ですが之は近々解体して2号機の回路方式に収束させる積もりです。2号機はトランスの塗装がガンメタに成ります。
 解体される1号機の部品は電源トランス以外、プリント基板他、殆どの物が使えますので其程大変な作業には成らないだろうと思っています。1号機では別のトランスを使ったのですがハムプルーフドベルトが装着されていない為リーケージフラックスが多く数十年ぶりの奥の手でハム打ち消し回路を導入して何とかノイズ対策が出来ました。
 
 今回は取り合えず測定データを動画で公開して後ほど改めて資料を公開したいと考えています。

 動画はAP sys2522Aのコントロールパソコンパネルをキャプチャした物である。
 測定結果は:
 1)ノイズ、ゲインの測定
 2)ダンピングファクタ(ON−OFF法)の測定
 3)周波数特性の測定
 4)2%最大出力の測定
 5)L/RchのTHD+N vs Poの測定
 6)THD+N vs Frequencyの測定
 7)クロストーク特性の測定
 8)ノイズ、ゲイン、DF値の測定結果の表示
 の順番で動画が再生される。


 動画 《6GB8UL-PPSTA-160507-2》  
 
《参考文献》

トップヘ戻る  HOMEに戻る 
 Copyright(C)2010 Nyanbo All Rights Reserved.          プライバシーポリシー